月のヒトリゴト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

土星についての番外編?

土星シリーズもなんとか終えましたのですが、実はアレを書いている途中で、
山羊座と水瓶座についての解釈で、うん?と思うことがあって、
それについても並行して書いていたんです。
奇しくも(?)、水瓶座も、トランスサタニアンが見つかる以前は、
土星が守護星でしたので、土星シリーズ番外編としてお送りしようと思います。


発端としては、山羊座と水瓶座の性質が正反対、という記述を見かけたからなんですが、
端折りますと、水瓶座の月がアクセルで山羊座の太陽がブレーキというような感じで書かれていました。

水瓶座については、よくエキセントリックという表現をされますが、
前衛的で、新しいもの好きで、人と違う考え方や行動をする、ちょっと変わった人、
という印象が強いと思います。
一方の山羊座は慎重で、地道で、古き良きものを大切にし、安全な道を行く人、という、
堅実な星座という印象が強いと思います。

確かに、こうして並べてみると正反対と言えばそう見えるかもしれません。

でも、水瓶座がアクセルで山羊座がブレーキ、というのは、ちょっと待ってと思うんです。
なんでかというと、水瓶座は固定宮なので、闇雲には動きたがらない星座です。
水瓶座が動くときは、改革をしたい時であって、山羊座と反対の性質があるわけではなく、
むしろ助長する関係だと、わたしは思うんです。

また、元々、水瓶座の守護星は土星ですし、互いに隣同士の星座ですので
アスペクト的にもセミセクスタイル(30度)で、山羊座とは親和性があるはず。

土星以遠の惑星は、個々の意識・無意識の向こう側に広がる、
種全体の意識とも呼べる、集合的無意識を司るとされています。
つまりは、水瓶座の現・守護星である天王星は、単体では決して動けず、
太陽から土星までの惑星に作用することによって、
天王星意識(?)を現実化させるしか方法はありません。

また、土星は現実化の星でもありますから、水瓶座→山羊座へと流れ込んでいく
イメージがわたしにはあるんですよね。


アスペクト的に言っても、セミセクスタイルは弱いソフトアスペクトになります。
(注:人によってはハードと解釈する人もいるようですが私はソフトで解釈しています)
ちょうど倍にあたるセクスタイル(60度)は、惑星同士が協力しあって、
発展していくような意味があり、なんというか、同志的な雰囲気のあるアスペクトになります。
友人関係ではベストだと言われてるんですよ。
そして、セミセクスタイルはその半分にあたる度数なので、もう少しだけ弱くなる。
幼馴染の近所のお兄さん・お姉さんみたいな関係でしょうかね。
ちょっと離れてるけど、でも困った時には相談に乗ってくれてちからになってくれる、みたいな。


水瓶座の守護星は先にも書きましたが、現在は天王星になっており、
【改革、革新、トリッキー、変り者、最新技術】などなど、
ちょっと変わった意味を持つようになっていますが、元々は土星が守護星です。
天王星の持つ、改革っていうのは、決して、なんでもかんでも新しいものにしてしまうようなものではなく、
古い物のなかからすでに時代遅れになったもの、つまりは、不要となったもので、
さらにそれが、その先の自分や時代にとって、邪魔になるようなものを排除し、
それを、新しく良い物に作り変える、という意味だと思うのです。
要するに、山羊座で守ってきた常識や慣習などのなかで、
これはこの先いらないでしょう、というものを、水瓶座が新しい物に変えていく。
水瓶座は、古き良きものにも理解ある星座なんですよ。
12星座は循環しているので、隣同士の物語は必ず【繋がって】います。

だから、うん?と思ったんです。

また、山羊座はの支配星である土星は、ここでも書きましたが、【社会や現実】の星です。
ものをカタチにするのが土星の役割でもあるため、
水瓶の月が古いものを新しく変えたいと言い出したなら、
山羊座太陽がそれを実現させるために動くはず。
もちろん、他の惑星との絡みがあるため、一概には言えませんが、
まして、セミセクスタイル同士の惑星が正反対に作用するというのは、
わたしにはちょっと考えられませんでした。

山羊座は確かに慎重派だとは思います。
地の星座ですし。
でも、地の星座のなかで、一番決断力があるのが山羊座だと思いますし、
その行動力はさすが活動宮と言えると思うんです。

地の星座の共通点としては、【確かだ】という確信が持てなければ動かない、というところですが、
その中でも、山羊座の思考力と決断力は鋭いです。

そりゃそうです、だって山羊座の山羊は、アイギパーンですから。

山羊座の姿は、上半身が山羊で下半身が魚、という、一見して滑稽な姿です。
でも、これにはとても深い意味があって、この山羊が、山頂から海底まで、つまりは、
この世界をあまねくすべての場所にいける存在であることを、象徴していると言われているんですね。

だから、常に保守的で慎重すぎるほど慎重っていうのは、ちょっと過剰かなぁとは思います。
保守的は保守的だとは思いますよ。
【守る】という軸を持つ星座ですし。

でも、活動宮っていうのを忘れちゃうと、ちょっとズレた解釈になるかなーと思ったんです。
そして、それは水瓶座も同じくで。

水瓶座は革新派ですが、決して闇雲に動きたがる星座ではないです。
先にも書いたように、固定宮ですから。

ただ、風星座であることと、天王星という守護星から、【これはもう不要だから変えないと】と思ったら動きます。
そしたら早いです。
だって、固定宮ですから、動き出したらはやく落ち着きたいでしょうし。

もちろん、これは私なりの解釈なので、人によっては全然違う解釈をされる方もいると思います。
それこそ、【水瓶座がアクセルで山羊座がブレーキ】という解釈をアリとしている人もいるでしょう。
それが、本当に間違っているのかと言えば、全否定はできません。

ただ、基礎を踏まえて考えると、わたしにはどうしてもそんな風には感じられないんですよね。
解釈については、確かに柔軟性も必要だと思います。
それは、占星術によらず、柔軟なものの考え方、というのは、どんな分野でも必要でしょう。
でも、外してはいけない枠が存在するのも事実だと思うのです。
そのための、基礎ですし。
基礎に基づいて、かつ、新しい見解を打ち出す、というのは、
なんとも水瓶座チックであると感じますが、どんな場合でも、基礎はとても大切だと思います。

軽視しすぎると、どの星座やハウス、惑星でもなんでもOKになってしまい、
それは、占星術ではなくなってしまいます。
元々、占星術にはグラデーションという概念がなく、きっぱりくっきりとそれぞれがわかれていました。
古典占星術はまさにそう。
吉は吉だし、凶は凶。
ダメなものは絶対ダメ。
そんな学問でした。

解釈に幅が出だしたのは、心理占星術が出てきてからだと思います。
スピリチュアルな要素も、ここから入りだしてますし。

もちろん、どんな解釈でも、最終的には自分が納得できるもの、腹落ちするものを取るのが一番だと思うんですね。
でも、基礎を踏まえるということ、は、やはりその学問に携わるのであれば、大前提ではないか、と思います。
それは、自分たちが学べるまで作り上げ、繋げてくれた先人への、感謝と敬意でもあると思うのです。
占星術プチ講座 | コメント:0 |

土星のリターンについて(その4)

さて、土星シリーズの続きで、最終回です。
かなり時間が空いてしまいましたw

土星のリターンについて(その1)
土星のリターンについて(その2)
土星のリターンについて(その3)

前回までに、サターンリターンがなぜ恐れられるのか、について、自分の考察を書きましたが、
最後に、リターンにもいくつか種類があることに触れましたので、そちらについて書きたいと思います。

土星のリターンには、出生図中の同じ位置に戻ってくる【サターンリターン】と、文字通り、
1/4(クォーター)
半分(ハーフ)
3/4(スリークォーター)
回転(リターン)した場所に、土星がくる時期とあるのですが、
例えば、現在の土星は射手座に入座していますから、
ざっくりと言えば、出生図中の土星が、射手座の方は現在リターン中です。
また、1/4の位置に当たる魚座土星、反対側の双子座土星、
3/4の位置に当たる乙女座土星の方も、リターン中と言えます。

射手座土星の方が一番大きな節目を迎えることになるのですが、
その次に乙女座土星、魚座土星、双子座土星、でしょうか。
専門用語でいうと、出生図の土星と進行図の土星が、
【スクエア】か、もしくは【オポジション】という、アスペクトを形成している時になります。
お気づきの方も見えると思いますが、自分の土星と同じクォリティの星座の場所に
現行の土星が来たときです。

活動宮:牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座
固定宮:牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶座
柔軟宮:双子座・乙女座・射手座・魚座

年数で言うと約7年に1度、ちょっとした節目を迎える計算になっています。
人生で言うと、だいたいですが、小学校に上がった頃、中学校に入った頃、
そして成人式を迎えた後、でしょうかね。

これも、いわば節目にはなりますので、なんらかの選択を迫られたり、
気づかされたりするような出来事が多くなるでしょう。

出生図の土星に対して、現行の土星が【スクエア】を取っている時期は、
八方塞がりのような状態になりやすく、どこを向いても息苦しいような気分になりそうですが、
視点を変えて眺めてみると、吹っ切れることも多いと思います。
とはいえ、その【視点を変える】こと自体が、非常に難しいのだとは思いますけどね。
それができたら、悩んだり苦しんだりはしないわけでw
でも、土星というのは、実地での体験を重視する惑星でもあると思うので、
そこでもがくからこそ、身を持って知ることができるのだと思うのです。
まぁ、だからスパルタとか言われるんでしょうけど。

こうして、色々と書いてみましたが、
普段から内観をして、自らを整え、個性を磨いていたとしても、
やはり人間ですから、足りない部分や気づいていない部分というのは、
誰にでもあるものだと思います。
わたしは、人として生きている以上は、どんな人間であっても、
なにかやり残している部分があるから、生きているのだと思っているので、
生きてここにいる人、というのは、多かれ少なかれ
みんな同じように、不完全で未成熟な存在なんだと思います。

その苦悩と気づきの繰り返しが、同じところをぐるぐるとまわるだけの【渦巻状】であるのか、
すこしずつでも、自分のいる場所が上昇していく【らせん状】になっているのか、
つまりは、同レベルの繰り返しであるのか、オクターブ上の繰り返しになっているのか、で、
成長具合がわかるのではないか、と思います。

土星が教えてくれること、というのは、
人間という社会的動物が、個としてはもちろん、社会にあっても、
幸せに生きていけるように、ということなのではないか、と思うのです。

サターンリターン真っ最中と言う方は、ぜひ、今の自分が感じていることを
しっかりと覚えておいてください。
また、越えてしまった方は、できるだけその時のことを思い出してみてください。

土星が語りかけているモノがなんであるのか、
本当にはっきりとわかるのは、自分以外にはいません。

土星の試練が【重い】のは、自分の重心がズレているからだと思います。
きちんとバランスする支点(視点)さえ取れれば、なんともないことだとも思うのです。
とはいえ、それができないからこそ、苦しいんですけども。
ただ、リターン中というのは、辛い時期ではあると思いますが、必ず夜明けはやってきます。

どうか、土星の重みに押しつぶされることなく、すべての人が乗り越えてゆかれますように。
すべての人が、土星の恩恵に与れますように。

2015年冬至によせて。
占星術プチ講座 | コメント:0 |

土星のリターンについて(その3)

さて、前回の続きです。

土星のリターンについて(その1)
土星のリターンについて(その2)

前回、土星のリターン時に起こることと、その役割について書きましたが、
土星には、試験管的な役割とはまた別の役割があります。
前回は、おもに【個VS社会】という対立から見る成長のお話でしたが、
今度は、【個】の部分に作用する、ミクロ視点のお話です。
ただ【成長】を促す、という意味では似たような話になってしまうんですけどねww

土星は、心理学占星術という分野において、
太陽とある種、真逆の位置に置かれているのですが、
太陽が自我を表し、土星はシャドウを表す、とされています。

シャドウとは、【自我になれなかったもうひとりの自分】と表現されることがあります。
生まれた時には、様々な人格を形成する可能性があるなかで、
その後の生育環境のなかで、現在の自分という自我を形成してきたわけですが、
可能性のなかの【そうならなかった自分】を、
ユング心理学では【シャドウ】と名付けているそうです。
シャドウというのは、自我に抑圧されている【自分自身の側面】ですので、
認識の仕方としては、負の感情を伴うことが多いのだそうです。
会うとすごく嫌な気持ちになったり、イライラしたりする人はいないでしょうか?
それは、自分のシャドウをその相手に投影しているから、なんだそうです。

そして、なかなか自我に認識されないシャドウは、
ゆっくりと真綿で首を絞めるように、じりじりと自我を揺さぶっていきます。
シャドウという、自身の暗黒面を見たくなくて、
目を逸らそう、逃げようとすればするほど、それは追いかけてきます。

…って書き方すると、まるでホラー映画みたいですねw

まぁ、とにかく、そういった自分の深い部分にある自分自身にまだ気づいていない場合、
土星は、それを起こしにかかります。
シャドウを否定したまま、拒否したままではいずれ通用しなくなるよ、
と是正にかかります。

人が、何かに気づく時というのは、平穏時にはなかなか難しく、
なにか事が起きた時というのが、圧倒的に多いと思いますが、
サターンリターンが恐れられる理由のひとつが、その揺さぶりの激しさ、だと思うのです。
自分の内面に気づいていない人ほど、大きく揺さぶられることが多いような気がします。

土星回帰時に、なにか自分にとって厳しい・大変と感じる事象が起きる、というのは、
【本来の自分】と【現在の自分】との間に、大きな齟齬があって、
それを、すり合わせていかなければいけない時でもあるのだ、と思うのです。

前回の記事で、土星は個性と社会をすり合わせ、
社会で一人前として通用するかどうかの教育と審査をする、というようなお話を書きましたが、
個の部分への作用として、【自我VSシャドウ】という図式でもって、
さらなる自我の成長を促す役割も持っているのだと思います。
そうして、顕在意識では望んでいない大きな揺さぶりをかけられ、差し迫った状況の中で、
見たくもない物を見せられ、苦痛にあえぐ中で選択を迫られるのです。

向き合うのか、見ないフリをするのか。
受け入れるのか、否定するのか。

でもそれは、私たちが成長するための、【成長痛】のようなものではないか、と思います。
もしかしたら、成長や変化などしたくない、成長や変化をし続ける人生などしんどいだけ、
はたまた、成長や変化を望むか望まないかは、あくまでも個人的なこと、と思われる方もいるでしょう。
ですが、この地球に生まれた生き物というのは、時の流れに沿って、否が応でも成長・変化していくものです。
どれだけ嫌だ、と心底で思ったとしても、身体は時間と共に成長し、変化していきます。
そして、おそらく、心や精神もおなじなのでしょう。
ですので、逆に、どれだけ成長を拒んだとしても、
万物の理のように、意図しなくても変化していくのが、生物の本来の姿なのではないか、と思います。

土星の神様はローマ神話では農耕神サトゥルヌス、ギリシャ神話では時の神クロノスになります。
収穫するというのは時を刈り取る、ということと同義であるとされたため、この二神は同一化されたようです。

【実り】というのは、時間経過によってもたらされる産物であり、
その経過する時間の内容が養分として、【どんな実りにするか】を決めるのだと思います。
そして、その経過する時間を、どのような養分にするのかは、やはり自分自身の意志次第であるのだと思います。

シャドウを受け入れること、そう決断することが、養分となり得るのではないでしょうか。

それが、恐ろしいと言われるサターンリターンの真の姿ではないか、と思います。

もちろん、人によっては、普段通りにその年齢を通り過ぎることもあるとは思います。
みんながみんな、サターンリターンの試練に苦しむわけではないとは思いますけどね。
でも、程度の差はあれど、時間が経って振り返ってみると、
確かにあそこが分岐点だった、と思い当たることはあると思います。


また、リターンというのは、出生図の位置に戻ることだけでなく、
上でも書いたように【クォーター・ハーフ・スリークォーター】と、他にも3つの節目もあるようです。


次回は、他の3つのリターンについて書いてみようと思います。
(まだ続くんかーい!ww)
占星術プチ講座 | コメント:0 |

土星のリターンについて(その2)

さて、前回の続きです。

土星のリターンについて(その1)

土星回帰というのは、ある種の通過儀礼のようなもの、と
捉えていただけばいいと思うのですが、
最初の(29歳前後の)回帰については、下積み時代を終え、
実際に社会で通用する年齢になったことを、知らせるものです。
ただし、前回の記事で書きました、土星の意味を考えてもわかるように、
決して【やさしいお知らせ】ではありません。

また、【自分】が社会で通用する、と言うのは、
エゴを抑えつつも、個性をきちんと発揮できている状態、とも言えるのではないか、
と思いますが、土星回帰では、それまでの自分が自分をどう育ててきたか、
またそれが、社会で通用するのかを、土星が審査にかけてくるのではないかと思います。
いわば、卒業試験的なもの、と言えるのではないか、と。


土星は、社会や現実の星ではありますが、個人を飲み込むものではなく、
【個人⇔社会】という、非常に密接な相互関係を表します。
土星は、個人の内面活動を表しはしませんが、【内面活動に外から影響を与える星】です。
火星までで表される素質が、社会と言う大きな組織のなかで、
上手に適応できるよう、指導するのが土星の役割です。

また、逆に、社会に向けて自分を表現し、自己を実現させるためには、
時に、社会そのものと戦わなければいけない時もある、ということも、
土星は、教えてくれるのだろうと思います。


社会に出るまでは割と、ごく身近な人間関係のなかで生きていますから、
多少、我を強く出したとしても、許されることはたくさんあったと思います。
しかし、社会に出て、赤の他人だらけの場所で生きていくとなると、
それまでの人間関係で許されてきたことが、
まったく通用しなくなることは、社会に出た人ならわかると思います。
時に、非常に傷つき、心が折れてしまう方もいるでしょう。

しかし、人はどう抗っても、社会の中でしか生きられません。
その、個人的な甘えが許されない舞台でも、
しっかりと生きていけるよう教育するのが、土星の役目なのです。
と、同時に、通すべき自分の信念を曲げないでいられる精神力も、土星は育ててくれるのです。


ということで、土星のリターンで、私たちが向き合わされるのは、
火星までの過程で育てた自分を、色んな意味で、現実社会に通用させられるか、ということですが、
キーとなるのはやはり、火星までの自分がどれだけ育っているか、だと思うのです。

要は、自分はどんな人間で、この先どんな自分になりたいか、ということを
(ある程度)把握できているかどうか、ではないかと思うのです。
そして、なりたい自分になるために、どうしたらいいのかを考え、
場合のよってはそれを成すために、今までの自分の生き方をひっくり返すような
決断をしなければいけない人もいると思います。
これは相当に辛いでしょう。

KAT-TUNの田口さんの場合も、
おそらく、そういった苦悩の果てのご決断だったのだと思います。
今まで必死に頑張って確立してきたものを、自分の望みを叶えるために、
手放す覚悟をされたのでしょう。
いつも見せていた朗らかな笑顔の裏で、我々の想像を超える葛藤を抱え、
どれほどの時間を悩んでいたのかと思うと、
土星のリターン時の決断、というのは、時に激しい苦痛を伴い、また、
その後の人生を大きく左右する、重要なものであるなぁ、としみじみ感じました。


土星は、個と社会という、時にぶつかり合う要素でもあるこの両者の間で、
どうやったら互いに成り立つ関係でいられるのか、を調整するような役割があります。
そう考えると、イメージ的には、ブレーキよりも、摩擦係数の方が近いのかなぁ。
我々の出生図中の土星は、それをいかに少なくできるか、を実地で教えようとしている、
OJTリーダーのなのかもしれません。

なににしても、土星絡みで起こること、というのは、
一筋縄ではいかない、非常に意味深いものであることは、間違いありません。


さて、その土星のリターンについて、まだもう少しだけ書きたいのですが、
それは次回に持ち越したいと思います。
まとめるのが下手でごめんなさいねぇぇえええええ。
占星術プチ講座 | コメント:0 |

土星のリターンについて(その1)

11/24に放送されました、【ベストアーティスト2015】ご覧になられましたでしょうか?

わたくしめは、もちろん、リアタイで視聴しておりましたですよ、えぇ。
エイトさんがご出演されましたからね♪
(Hey!Say!JUMPにも密かに萌えましたがww)

でも、ショックなこともありました。
KAT-TUNの田口さんの、突然の脱退宣言。
事務所も退所されるということで、これにはさすがにびっくりしました。

11/18に放送された、【ザ・少年倶楽部 プレミアム】を見ていて、
過去の騒動をふと思い出しながら、立て直せてよかったなぁと感じていた矢先だったので、
KAT-TUNファンではないのですが、すごくショックを受けたんですよね…

脱退理由については、一身上の都合とされていましたので、
詳細はわかりませんが、きっとものすごく考えて、悩んでの結論なんだと思います。

そして、TVを観終わったあと、田口さんの年齢をふと思い出し、
(あれ?)と思って出生図を出してみて、気づいたことがありました。

彼は今年30歳になるそうですが、その前の年というのは、
占星術では、例のアレがやってくる時期。
【サターンリターン】です。

そこで、サターンリターンについてツイッターでちらっと、
クォーターリターン、ハーフリターン、スリークォーターリターンと、
節目的には4つあってー、とつぶやいたところ、
【サターンリターンってなに?】と聞かれましたので、自分なりの考察を書いてみようと思います。


まずは、そもそも土星とはなんぞや、からですが、
土星は、木星と並んで【ソーシャルプラネット】と呼ばれている通り、
社会性に関する惑星で、個人的な内面活動を表す惑星ではありません。
意味合いとしては、木星と土星は、性質がほぼ反対で、
木星は【拡大、発展、膨張、繁栄】、土星は【抑圧、忍耐、努力、制限】などです。
ただ、このふたつの惑星は、最終的にはどちらも、
【人間としての成長】をもたらすものであります。

土星の役割というのは、エゴを抑えることで社会に適用できるように、という
訓練の意味もあるようですが、これが働きすぎると、抑圧となって個性がうまく発揮しにくくなります。
土星に【試練】という意味が付与されているのは、
そういう、社会性と個性とのすり合わせを、余儀なくされる部分があるからだと思います。


ちょっとここから先が長くなりますので、いったんここで小休止。
変なところで切って、ごめんなさいねw
占星術プチ講座 | コメント:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。