月のヒトリゴト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

切り替わり

週初めは寒い日が続きましたが、今日、明日とまた気温があがるようですね。
明日の予想気温見てびっくり!
最高気温が20度超え??
え?
いまなんがつ???

昨年はエルニーニョ現象の影響で、暖冬になるだろうと予想されてはいましたが、見事にビンゴでしたね。
また暖冬の年は、局地的に大雪になることがあるそうで、それもまた当たっていました。
このエルニーニョ現象、現在では【ゴジラ・エルニーニョ現象】と呼ばれるまで成長しているようで、まだまだこれから先も、異常気象による大きな被害が出るのではないか、と懸念されるそうです。
今後の気象情報にも、しばらく注意が必要ですね。


さて、先日2/8の水瓶座新月を迎えたところで、旧暦でも新年が始まりました。
新暦ではもう2月も半ばにはなりますが、私はまだ初詣に行っていないので、2/11の祝日に熱田神宮へ行ってまいりました。

建国記念日だということをすっかり忘れておりまして、休みの日だけどそんなに人はいないだろうし、と高を括っておりましたが、いやはや人多かったですw
さすがに正月三ケ日の混雑はありませんが、いつもの土日よりははるかにたくさん参拝客がいました。

手水舎で手を洗うと、まっすぐ拝殿に向かい、お参りいたします。
中重にて神事が執り行われるため、いつもは閉じられている外玉垣御門が開かれておりました。
ひらりと御帳が舞い、奥を見せていただけたので、歓迎されているのかしらとちょっと嬉しくなりました。

ちょっと変な話なんですが、熱田さんでお参りをするとよく蛇(白蛇)のイメージが浮かぶんですけど、その日はなぜか龍(しかも昇り龍)が浮かんで、ちょっと勇ましい雰囲気を感じました。
草薙の剣がご神体なので、蛇とか龍が浮かんでも不思議じゃないのかな。

参拝時にはちょうど紀元祭が執り行われており、参拝後、しばし観覧させていただき、新しいお守りとおみくじをいただきに、授与所へ。
お守りは、数年前、ある霊能者の方に【身体守りを身につけなさい】と言われてから、それしか購入してませんw
毎年、色や形は変わりますが身体守りを購入しています。
今回は、カードタイプのにしました。

そして、おみくじ。
今回は中吉。
内容的にはとても嬉しいものでした。
要点だけ書くと【今までの運気が変わって栄えてくるよ】というもの。
わ~い♪

次に、神楽殿の前を通って、その裏にある【土用殿】へ。
ここは、もと、草薙神剣を奉安した御殿です。
ひっそりとした場所で、あまり参拝される方はみかけません。
私の中では、本殿の次にここを参るのがセットになっていますw

この日は、お賽銭を入れた途端、後ろの神楽殿でご祈祷が始まったのか、お神楽が聞こえてきました。
いいタイミングだわ~、と思いながらお参りをいたしましたのです(笑)

その後、今度は参道を少し戻って、手水舎のとなりにある【大楠】さんへ。
この大楠は、樹齢が1000年以上。
弘法大師お手植えと言われております。
私は、昔からこの大楠が好きでしてねぇ。
いつも本殿のお参り後に、必ずこの大楠にも手を合わせます。
なんか、気持ちいいんですよ、そばに立ってると。

この大楠にはアオダイショウが住んでいるようで、木の根元には、お供えものの卵を置く場所があり、運がいいと蛇の食事姿をみることができます。
私は2度ほど、お見かけいたしました。
夏の午前中でしたけどね。

一時、ハクビシンが現れたことで蛇もいなくなり、樹も枯れてきて大変なことになった、という話を聞いたのですが、あれからハクビシンは捕まったのかな…
蛇はいるようですが、警戒して昔ほどは出てきてはくれないかもしれないですね。

大楠さんへの参拝後、ちょっと早いお昼へ。
もちろん、境内にある【宮きしんめん】♪
11:00過ぎだったので、さすがにまだそんなに混んでいなくて、あまり待たずにいただくことができました。
神社のなかって、底冷えがすごいので、あまりじっとしていると、芯まで冷えるんですよね。

普段は、白エビのかき揚げきしめん(大盛)にするんですが、その時は、列に並んでいる時から、となりの清め茶屋さん前で焼いている、みたらしだんごの醤油の焦げる、いい匂いがしていて、どうしても食べたかったので、玉子とじきしめん(並)を食したあとで、いそいそとお隣へww
みたらしだんごもちゃっかりいただいて、満足♪満足♪

あったまったし、お腹も満足したし、帰ろうかなぁと思ったんですが、足が勝手に本殿の方へ。
一か所に、人だかりができていて、なにやってるんだろ?と好奇心からのぞいてみると、狩衣姿の男性と、水干姿の女性が和弓を持って座っているのが見えました。
フチの方の空いているところからひょこっと顔を出すと、狩衣姿の男性が、矢じり部が変な形をした矢を1本持って、前に進んで行くところでした。
弓道のことはさっぱりわからないのですが、片肌脱ぎで、弓に矢をつがえた姿を見て(もしかしたら鏑矢かなぁ)と思ったんですが、矢を放った瞬間に【ひゅぉぉぉぉぉん】という、ちょっと特殊な音を響かせながら、的となった青い垂れ幕に当たって落ちた矢を見て、鏑矢だなと確信しました。
神事の説明をされている方がちょっと遠くにいて、お声があまりよく聞こえなかったので、あとからネットで調べたところ、【「蟇目之儀(ひきめのぎ)】というそうで、蟇目の名は、蕪の形に作った鏑矢の孔がひきがえるの目に似ているから、そう呼ばれるのだそうです。
また、鏑矢の音には魔性を退散させるちからがあるのだとか。

神事の概要はこちらで↓
熱田神宮 2月祭典・行事予定

おみくじの言葉といい、ほんとに切り替わる時期なのかもなぁと、ありがたく思いました。

その後、3組の射手が甲矢、乙矢という2本の矢を順番に放っていく、百々手式も行われていましたが、さすがに1時間近くも日陰に立っていると冷え切ってしまうので、2組目が射終ったところで、帰路につきました。

基本的に神事が行われている時は人が多いので、あまり行かないようにしているのですが、今回はなにも考えずに行ってしまい、結果、素敵なものをたくさん見せていただいたので、ありがたいなぁと思いました。
ここ10年ほどは特に、年に数回は参拝に訪れているのですが、いつ行っても気持ちいいなぁと思います。


この後、帰ってから見たドラマで号泣してしまい、自律神経が乱れたのか、その夜はほとんど寝ることができず、翌日は死んでおりましたが、今日は真逆で、死ぬほど寝ておりますw
今晩も普通に眠れそう…

睡眠、大事ですからねw
人は、寝てる間に、エネルギーチャージをするそうなので、しっかり睡眠とって、良い仕事ができるようにがんばります☆



【お知らせ】
随時、星読みのお仕事の募集をしております☆
リンク先をお読みいただき、
メールフォームからお問い合わせくださいませ。
星読み募集について
関連記事
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 |
<<惑星・12星座イメージ ~月~ | ホーム | 2/8 水瓶座新月>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。