月のヒトリゴト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ノビシロ

気分的にちょっと潜水モードになっております(ブクブク

昨日は大好きな関ジャニ∞のニューアルバム【元気が出るCD】発売日、
ということもあって、メディアでの露出がすごかったですねー。
嬉しい限りです。
ひとりでキャッキャしながら見ておりました(笑)
もう、みんなかわいい♡


さて、表題ですw

【ノビシロ】
(注:本田圭佑さんではありませんw)


わたしは太陽と月がスクエアというアスペクトをとっているのですが、
スクエアは【壁、障害、克服すべき課題、葛藤、困難】と言われます。

スクエアをとっている天体同士が互いのエネルギーを遮る壁となり、
邪魔をするようなイメージだと思っていただければよい思います。

スクエアはアスペクトの中でもある意味で、一番しんどいと言われます。
アスペクトし合う天体が互いを邪魔するわけですから、
そりゃ苦労は必然的に多くなります。

ただ、どのアスペクトもそうなんですが、
ハードだから悪い作用しかない、ソフトだから良い作用しかない、
というわけではありません。

どちらも正負両方の面を持っています。
どちらに転ぶかは、本人の意志次第なのは言うまでもありませんが。

先のスクエアにしても、苦労は確かに多いのですが、
だからといって越えられないものでは決してなく、
むしろ、スクエア持ちに偉人が多い、というのは、
占星術ではよく言われていることなんですね。

【神様は越えられない壁は用意しない】と聞きますが、
その通りなのだ、と思います。

また、ソフトアスペクトによって発揮される部分よりも、
ハードアスペクトの扱いを覚えた人の方が、
自覚して使える、という利点があります。

ソフトアスペクトは【意識しなくても使っている部分】で、
身体的な機能で言うと、心臓の自動性みたいなもんでしょうか。
ソフトアスペクトを形成している天体同士は、少々乱暴な言い方にはなりますが、
【勝手にそうなっている】ということが多く、その恵まれている部分について、
本人に自覚がないことが多いのです。
どんなに周囲に恵まれている、と言われても、本人からすれば、
【それが当たり前】になっているため、気づきにくいんですよね。

ハードについてはほぼ訓練が必要になります。
ですので、例えば手の使い方、体の使い方など
反復練習することで上達していくような機能が、
それにあたる、と思っていただければよいのではないか、と思います。
ハードアスペクトについては、まず、マイナスの作用としてでることが多いため、
本人にも自覚されやすいです。
自覚されやすいのですが、人間どうしても感情的・感覚的な部分、
つまり【辛い、しんどい、苦しい】というところにフォーカスしやすいため、
実際には、打開策・改善策にまでたどりつけずにいる方も多いのではないか、と思います。

ただ、人に指摘されれば、普段から意識せざるを得ない部分ではあるので、
なるほど、と納得されることが多いのも、ハードの特徴ではないかと思います。


話が反れましたが、スクエアというのは、わたしは【ノビシロ】だと思っています。
壁を乗り越えるまでは非常にしんどく、また、乗り越えた後も、
やはりどこか、扱いにくいなーと思うところではありますけどね。

また、元々、苦手だと感じる部分でもあるでしょうから、
どうしても、率先して解消したいとは思えないことも多いかもしれません。

でも、苦手なことって実は自分の武器になる部分でもあると思うので、
なんとか、スクエアを味方にしたいと思います。


…が。
いまは太陽も月も悪いところが出ているので、そこをまず宥めないといけませんww
もうちょっと潜水タイムを取って、ひとり水底を、リュウグウノツカイのようにゆら~っと漂っていたいと思いますw
関連記事
スポンサーサイト

ヒトリゴト | コメント:0 |
<<インチャの姿って? | ホーム | そんな時も>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。