月のヒトリゴト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

破壊と再生(後)

前回の続きです。

私が自分のナカミを見せたがらない理由について、
他者の侵入に怯えているからだ、というようなことを書きました。

破壊と再生(前)

------

そして、それは、漫画の月子さんとダブる部分があるなぁと感じたんです。
月生まれの月子さんは、生い立ちも大いに関係しているのだろうとは思うのですが、
他者との心の交流という経験を、したことがないようでした。
自我も育ち切らない内に、
他者から強制的に、記憶をすり替えるような暗示をかけられたことが、
トラウマになっているのだと思うのですが、完全に、他者との交流を拒絶していました。

他者を受け入れず自分自身のみで生きようとする月子さんは、自身を

『きれいにバランスしている』

と表現します。
それは、確かに、ある意味では完璧なバランスなんでしょう。
だって、自分のなかに存在するのは自分だけ、ですから。

他者との交流を繰り返し、深めていくと、自分という存在だけではない、
別のものも抱えることになります。
それは、エネルギー的にもそうでしょうし、
考え方や価値観などの、概念的なものも取り込まれるはずです。
周囲の人との実際の交流を見ていても、【人から受けた影響】のすべてが、
既存の自分のなかにあるものとは違う、別のものを取り込むこと、だと言えるのではないかと思うのです。

そして、取り込んだ当初は、良くも悪くもアンバランスな状態になるのでしょう。
それまでの自分とは、明らかに違うものを受け入れたわけですから。
でも、そうすることによって生じるアンバランスさは、仕方のないことだと思います。
バランスを取るため、天秤皿の片側に、反対側と同じ質量の重りを、
どれだけそっと乗せたとしても、天秤自体は揺れ動きます。
でも、時間が経てばその揺れはいずれ納まり、また綺麗にバランスするでしょう。
動きのないバランスなんてものは、
おそらく、この地球上にはどこにも存在しないのではないか、と思います。

動きがある、変化する、というのは、成長すると言い換えることもできると思います。
そうやって、アンバランスな状態と、バランスしている状態を交互に繰り返しながら、
人は、互いに変化していくのでしょう。

この地球において、人はひとりでは決して生きていくことはできません。
地球上の生き物にとって、生きるということは、常にサバイバルな状態にあります。
人という種は、肉体的にも、平均的な身体能力では、
弱肉強食の世界を生き延びることは、とても難しいでしょう。
だからこそ、高度に発達した知能を生かして、集団化し、
【社会】という、種を維持していくための、独自のフィールドを形成することで、
世界に立ち向かうことにしたのでしょうし。

また、精神面でも、社会的動物である人間にとって、他者との交流というのは、
色んな意味でも生きるために必要なものだと思うのです。
一番現実的な要素としては、所属する集団に適合していかなければ、
いつ、その集団から追い出されるやもしれません。
群れを形成する動物は、孤独になった時が、一番敵に狙われやすいですし、
集団から追い出されるということは、命の危険に直結します。
実際には、この人間社会のなかで、所属する集団から追い出されたとしても、
他の野生動物のように、肉体的な危険に遭遇する確率というのは、かなり低いとは思います。
特に、日本では。
ですが、居場所を失くす、というのは、心身ともに拠り所を失くすことでもあるため、
心のバランスを崩してしまう可能性が非常に高いです。
そのためにも、他者と交流し、相手と良い関係を築いていくことは必須でしょう。
『孤独ではない』というのは、心身の安全面での安心感を得られます。

また、スピリチュアルな意味でも、他者との交流というのは、とても意味深いものなのでしょう。
人は、生命を維持するために食物を摂取しますが、エネルギーとなるのは、
どうやらそれだけではないようです。

とても心が弱っている時、誰かがくれたひと言で、一気に悩みが解消されて、
一瞬前の自分では考えられないほど、心が軽くなった、という経験は、誰にでも一度はあると思います。

それも、スピ的な観点から見ると、相手からのエネルギーを受け取って、
自分のエネルギーに変換した、と言えなくもないのだと思います。

そんな風に、色んな面から見ても、人はひとりで生きていくことはできません。

結果的に、漫画の月子さんは他者からのコンタクトを受け入れ、
ある意味で『生まれ変わる』ことになるのですが、それは、
わたしへの啓示でもあるのかな、と感じました。

私自身への、他者の介入を避けてきたのは、アンバランスになる自分への恐怖でした。
飲み込まれてしまうのではないか、
自分が自分でなくなってしまうのではないか、
荒れた感情がまたひどい事象を引き起こすのではないか、という恐怖が、
それを強く拒んできました。

もちろん、生来の性質(蟹座・12ハウス)もあるので、
これもまた、ある程度は【個性】として認めてもいいのでしょう。
誰も彼もが、全開で他者を受け入れなくてもいいと、私は思うのです。

でも、必要以上の拒絶は、自分が望んだ【自分を変えたい】という変化そのものを、
阻むことにしかならないのかもなー、とぼんやりと感じたのですよね。


奇しくも、今期の私の回帰図は、8ハウスがテーマとなっております。
8ハウスには、
【相続、先祖、配偶者の財産、生と死、セックス、夫婦関係、結婚後の生活、借金】
などの意味があるのですが、半年近くが経過してなお、わたしにはピンとくるワードがありませんでした。
しばらく悩んでいたのですが、半月ほど前に、自力で引き起こした内的な転機をきかっけに、
ふと8ハウスのナチュラルサインに思い当たったのです。
8ハウスのナチュラルサインは蠍座。
蠍座には、
【死と再生、強靭な意志の力、不屈の精神、洞察力、墓場、色気、性、不可避なこと】
などの意味があります。

【死と再生】もしくは【破壊と再生】が、今期のキーワードになっているのではないか、と思ったのですね。

自分を凪に保つため、極力、他者の侵入を避けてきた古い自分を脱ぎ捨て、
自分以外の質量を抱えて、そのアンバランスさに荒れ狂いながらも、
少しずつ、バランスに向かって行く流れを、選ぶ時なのかな、と。

半月ほど前の内的な転機、についても、確かにあれは、ある意味で、
【自分自身の破壊】とも言える出来事だったのですが、
面白いほどはっきりと、自分のなかに渦巻いていたエネルギーのベクトルが
反転したのを感じたんですよ。
もちろん、その後の爽快感は言うまでもないのですが、
あれは例えるならまさに【破壊からの再生】でした。


また、他者の侵入を避ける、というのは、自分のナカミを見せない、ということだけでなく、
他者からの言葉も受け取らない、という面も持っています。
人から褒めてもらえること、というのは、本来であればとても嬉しいことですし、
裏を考えることなく、そのままありがたく受け取ればよいのでしょうけど、
自分にとって、非常に強くこじれた劣等感を持っている部分については、
とてもではないのですが、受け取るどころか、ますます意固地に拒絶しようとしてしまいます。
トラウマを刺激されるんでしょうねぇ。

意識的にはとうに忘れてしまっていたことなのですが、
それは単に意識の底に追いやっていただけで、
癒されないまま持ち越していた心の傷が、人からの褒め言葉を受け取らせてくれませんでした。
これがなかなか手強いんですよね。

フラッシュバックこそないですが、当時、感じたのだろう、ものすごくいやーな感情が
どこか自分の奥の方から、じわじわと滲みだして、ものすごく居心地が悪くなるんです。
究極的には、聞きたくなくて耳を塞ぎたくなる。

しかし、今期のテーマに思いあたってからは、このこじれた劣等感をある程度クリアにするには、
今のこの流れを利用するしかないのだろう、と思いまして、
現在、かなり強く拒絶反応を示す自分と葛藤中(?)です。

今回の場合は、がっぷり四つに組んでみたら、にっちもさっちもいかなかったので、
数値化できるものは数値化してみるなど、自分を俯瞰できない分、
目に見える別の形にして、資料として並べて検証するのもいいかも、と思い、
現在、データ化する方向からのアプローチを試みておりまする。
これも行き過ぎると、誤った方向にいってしまいますけど、
意識的な思考の切り替えができないのであれば、
客観的な事実をデータとして見つめるのも、アリなのかな、と思います。
データなら、自分自身と直接向き合うわけじゃないですしね。

ただ、あくまでもこれは、自分をきちんと見ることができないところまでこじれてしまった場合の、
一時的な措置であって、ある程度、客観視できるまでに戻せたら、
じっくりと内観していくのが一番いいのだと思いますけどね。


さてさて、大変長くなってしまいましたがww
漫画を貸してくださった方が、どこまで狙っていたのかはわからないのですが
(そもそもでこちらの事情など知らないと思うけどw)、
なんだかものすごく示唆的だなぁと感じました。


長くなったついでに(←)裏話をしますと、当初、この内容は友人宛に書いていたのですが、
保存に失敗して5000文字が一瞬にして消えてしまったのです(涙
誰の検閲かはわかりませんが(たぶん右斜め前にいる黄色のくまのせい←)、
表ブログに書けということかもしれん、と思い直し、再度したためておったのですが、
こちらも保存に失敗して一部(3000文字強)が雲散霧消。
2回目の時は、明日のジョーよろしく(古w)、PC前で白髪化してうなだれておりましたww
さすがに心折れましてね…
もう書くもんか!と思ったのですが、自分としても記録を残しておきたかったのもあって、
今回、3度目の正直を敢行いたしましたのでございます。

もうね、懲りたのでね、ワードで作りましたよww
また保存失敗しても、ワードならまだ復元しやすいしw
みなさまも、お気を付けくださいませ~ww


ということで、長文駄文にお付き合いくださいまして、ありがとうございました。
スポンサーサイト
ヒトリゴト | コメント:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。