月のヒトリゴト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【本物】の定義

土星のリターン記事がすこぶる進みません(!)
さすが、土星ww
遅々としておりますが、気長にお付き合いいただけますと、幸いでございます!(涙

書けない時はほんとに書けないんですが、
思ったよりアウトプットが進む時期なのか、
1日1記事のお陰で鍛えられてきたのか、
書く行為自体に苦労することは、少しずつ少なくなってきました。
それでも、よく頭抱えてますけどもww


そうそう、実は昨日でちょうど、1日1記事を始めてからひと月が経ちました。
ひと月、続けられたのよ(涙
なかなか、地道な努力ができない人なんですけど、
とりあえず、ひと月継続できました。

これも偏に、読んでくださっている方からの励ましのお言葉や、
見に来てくださる方の存在があってこそ、です。
応援してくださったみなさま、本当にありがとうございます!


さて、本日はちと仰々しいタイトルになっておりますw

【本物】

この言葉って、ものすごく漠然としてる気がするのですが、
実際、なにをもって【本物】とするのかって、定義がすごく難しい気がします。

薔薇と魔法と言魂と~トゥリニセッテ
『本物を見つける力を思い出す事』

よくチェックしております先生のブログです。

さっそく、ちょいと本題から逸れますww

冒頭、少々オカルト臭のする話題ですが、なんとなーくわかる気もするのです。
実際に、先生が意図せず起こした【八つ当たりで済まない事】について、
具体的にどんなことなのかは、もちろん存じ上げません。

ですが、もしかしたら…と、ちょっと思い当たることもありまして。

わたし自身のことではなく、わたしの血縁者を連想させたんです。
命に係わるところまではいきませんが、
出方によっては、もしかしたら命にかかわるようなことを起こしたかも、
と思っていることがありましてw

うちは家系的に少々、霊感の強い血が入っているようでして、
その関係なのかなとも思うんですけどね。
念の強い人間がいるのですが、本人はまったく無意識なんで始末に悪い人がいるんです。
意図的ではないので、どうしようもないし、まず、確証がない。
見えない世界のことなので、どうしても【憶測】でしか言えないんですよ。
だから、なんとも言えないのですが。

でも、もし本当に、念だけで人に危害を加えることができるのであれば、
それはとても怖いことです。

制御できればいいですが、そもそもで、実際本当に念だけで人に危害を加えられるのか、
発動条件はなんなのか、ってことがわからないので、防ぎ方もよくわからないですよね。

わたしはおかげさまで、どれだけ人を恨んでもそういったことは発動しませんでしたが←

でも、世の中には、無意識にでもそういうことができる人もいるかもしれません。
まぁ、だからこそ、呪術や魔術なるものが存在するのかもしれないんですけども。

【思うこと】には、気を付けないといけないなぁ、とちょっと思いました。


閑話休題。


【本物】を見つける力を思い出す。
リンク先のサイトをご覧いただければわかると思いますが、
本物って、万人に当てはまるものと、当てはまらないものがあるんだろうな、と思うんです。
そして、相当数、万人に当てはまらない【本物】が、存在するのだろうなーとも思いました。

日用品から、食品などの普段から使用するものだけでなく、
服やアクセサリー、またはマジックアイテムなど、様々なものに【本物】は存在するのでしょう。
占星術的なイメージで言うところの、【天秤座的な本物】と【牡牛座的な本物】の違いかな、と思います。

二つの星座の共通点は守護星である金星。
おなじ金星に司られた星座で、両者ともに【美】に関する姿勢が、引き合いに出されます。

天秤座の好むうつくしさは、全体性の美。
周囲との調和やバランスの美しさ、いわば【黄金律】のような美を好みます。

牡牛座の好むうつくしさは、個性の美。
周囲に調和しようがしまいが、うつくしいものはうつくしい。
その、個々のうつくしさにクローズアップする星座です。

【本物】とは、天秤座的な概念と、牡牛座的な概念とあるのではないか、と感じたのです。

今回、マーヤ先生がおっしゃる【本物】とは、牡牛座的な概念かなと思うのですが、
これは確かにそうだな、と思います。
100人中99人がいいといっても、自分がいいと思わなければいいものではない。
そういう視点でモノゴトを決めてもいいと思うんです。

確かに、万人に共通する【本物】もあることはあります。
でも、すべてがそうじゃない。

信頼している友達にとって、本物だったとしても、
自分にとっておなじように本物だと感じられるかどうかは、また別だと思います。

天秤座的な視点での価値観と、牡牛座的な視点での価値観。
両方を上手に使い分けることが、大切なのかなぁと思いました。
スポンサーサイト
ヒトリゴト | コメント:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。