月のヒトリゴト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

真位置と平均位置

ツイッターでフォローしている方のつぶやきを見たので、
表題なんぞや、とそれにまつわる個人的な意見をちらりと。

占星術には【真位置(true)】と【平均位置(mean)】というのがあります。
おもに、ノードとリリスに関係する値なのですが、
なにがって、計算方法の違いで、感受点の位置が変わってくるんですね。

ちなみに、ノード(ドラゴンヘッド・ドラゴンテイル)というのは、
太陽と月の軌道の交点のことで、月の交点とも言います。
北側の交点は昇交点で、ノース・ノード(ドラゴンヘッド)といい、
南側の交点は降交点で、サウス・ノード(ドラゴンテイル)といいます。

リリスは月の遠地点のことを指しています。
別名【ブラックムーン】とも呼ばれます。

さて、このノードとリリスの算出方法については、
それぞれ軌道の影響でいくつかあるんですが、
現在は真位置と平均位置の2つの結果が使用されています。

真位置というのは、その時間の実際の位置。
平均位置というのは、惑星の平均位置から割り出される位置。

ちなみにですが、ノードの真位置と平均位置については、
その差は約2度ほどです。

ただ、リリスについては、最大で約20度ほども差が出てしまい、
人によっては星座(サイン)も変わってしまう人もいます。
ちなみに、わたしは真位置と平均位置で約21度違いまして、
星座も、真位置だと牡牛座ですが、平均位置だと牡羊座になります。

なので、たぶん、多くの人が思うと思うんです。


【どっちが正しいの?】


正解は、【どっちも正しいの】ですw
人によってはどちらかしか見ない、という方もいると思いますが、
わたしはどちらをとってもいいんじゃないの、と思ってます。
両方の星座の特徴でみて、自分に当てはまる方を使えばいいのではないでしょうか。
両方あてはまれば両方見ればいいと思うのです。

ハウスシステムでもそうですが、本当にたくさんの計算方式が生み出されています。

現在のハウスの主流は、プラシダスかコッホだとは思いますが、
計算方式は全部で百種類以上ある、と言われているんですね。
他にも、出生時間不明な方のために使われる、
ソーラーサインハウスというのもメジャーです。

特定の個人向けではなく、雑誌などに掲載されている、いわゆる【星占い】については、
ハウスが考慮されているものは、このソーラーサインハウスを使用しています。

でも、ハウス分割方法についても、どれが正解か、という問いは
ナンセンスだと思っています。

例えば、私は普段プラシダスを使用していますが、
プラシダスで出ていないことが、ソーラーサインハウスに出ていることも
実際にあったりするんです。

ですので、方法は違うのですが、【どれかひとつが絶対の正解】というわけではないと思っています。

なんでか、というと、あくまでも個人的な考え方ではありますが、
人間というのは、たったひとつの考え方で、理路整然すっぱり解明できるほど、
単純ではない、と思っているからです。

もちろん、反論もあると思います。

でも、人間のナカミを科学的に1本の道筋で証明できるのであれば、
人は悩んだりしないと思うんです。
誰もが、大きな矛盾を抱えて存在していて、だからこそ、
【人間らしさ】がそこにはあり、またそれは、
各々が【個性】という彩りを有しているからこそ、だと思うのです。

だから、占星術の技法で【どの方法が正しいのか】の問いについては、
わたしはナンセンスと感じていて、
その人がこれだと思うものを、取り入れていけばいいのでは、と思っています。

なんにしても、自分が思い当たらないことを言われたところで、
言われた方にしてみれば、腑に落ちるわけもないですしね。


ということで、真位置と平均位置とはなぞや、と
占星術の様々な方式についての個人的な捉え方について書いてみましたw
スポンサーサイト
占星術プチ講座 | コメント:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。