月のヒトリゴト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

1枚引きって難しい。

自分の占いのメニューにもありますし(単体ではないけどw)、
先日のハロウィンの時に、mixiページでイベントとして
オラクルカードとタロットカードの1枚引きをさせていただいたのですが、
1枚引きって難しいなぁと常々感じていました。

そしたら、ちょうど、よく拝見するブログでこんな記事を見ました。

『薔薇と魔法と言霊と ~トゥリニセッテ』マーヤラジャ・ディーヴァ
『1枚引きの簡単さ、1枚読みのむずかしさ』


そもそもで、わたしはカード占い師ではないのであれなんですけど、
象徴を読み取る練習のようなつもりで、カードを引くことがあります。
(本職の方からすると、遊びのつもりでやらないで、と怒られそうですがw)

リンク先の記事にも書いてありますが、
タロットやオラクルで、まず1枚引きをやってみましょう的な
入り方をしてることって多いと思うんです。

なので、自然と『1枚引き=簡単』という図式が、脳内で出来上がりますw
でも毎度、1枚引きをする度に、
(ちょー難しんですけど、ひー!)って思いながらやってるんですねww

なので、初心者向きのこの手法がこんなに難しいと感じるんであれば、
自分にはカード占いなんてできないわーって思ってました。

でも、この記事を読んで、難しいって感じてたのは間違ってなかった!
と、ちょっと安堵しましたw

ちなみにカードはいくつか持ってはいるんですが、
メインで使用しているのは、タロットではなくオラクルカードのひとつ、
『星座カード』です。

鏡リュウジさんが監修され、イラストレーターの貴希さんが
イラストを描かれた、とても神秘的かつ美麗なカードです。
プトレマイオス式 星座オラクルカード: 星の神々が告げる未来のメッセージ

ほんとうに美しいんですよ。


もうひとつは友人から贈ってもらった、青い鳥のタロットですね。
青い鳥のタロット

サイト文中から引用しますが、

【絵柄は画像のような感じで、
ウェイト版・マルセイユ版を踏まえ、普遍的な象徴解釈の上で、
独創的な表現も交えつつ、繊細な図柄にまとめてあります。】

のだそうです。

私は、タロットは完全に独学ですが、一応、書籍やサイトを漁り、
ワンデイの講習会みたいなのにも参加したことはあります。
なので、基本的な意味合いから大幅にズレるような解釈はしていないつもりですが、
でも、絵から受けるインスピレーション重視で読んでますので、
その読み方で合ってるのかどうかは不明ですww

カードの読み方に限らず、シンプルなものって、
だからこそ、難しいっていうことはあるのかもしれませんね。

とはいえ、カード解釈付のメニューはご依頼いただく中の
9割を占めているんですよね。
難しいですけど頑張ってやっていきたいと思います。

でも、本職(?)は星読みですけどねww
スポンサーサイト
ヒトリゴト | コメント:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。