月のヒトリゴト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

簡単♪人物像の見方(その3)

前回からの続きです。

簡単♪人物像の見方(その1)
簡単♪人物像の見方(その2)

錦戸さんのホロスコープで、特徴的なのが【水星座5】ともうひとつ、
【風星座0】という“偏り”です。
前記事でも書きましたように、水星座は【感情、直感】などを表し、
風星座は【思考、理性】を表します。

錦戸さんは水星座に惑星の半分が入っているため、
非常に感性豊かで直感的な動きをする人、というのがわかります。

では、風星座に惑星がひとつも入っていない、というのはなにを表すのか。

風星座は、思考傾向や視野を表している、とわたしは思っています。
例えると、思考の切替のはやさ、視野の広さ、知識量の多さ、
偏見のなさ、アイデアの豊富さ、など、
総じて頭の回転の良さ・はやさ、などを主に表している、と言えるのかなと。

ですので、そこに惑星がひとつも入っていない、ということは、
風星座の要素が欠けている、つまりは思考の切替がうまくできない、
視野が狭く、ある考え方に固執するなど、
ものの考え方に対して、非常に頭のカタイ傾向が出やすい……

と思いますが、案外そうでもないんですね。
や、もちろんそういう傾向が出やすいんですが、
これがまた、一筋縄ではいかなくて、バランスを取るために、
まったく真逆に出ることもあるみたいなんです。


次の記事では、大きな偏りの表れ方について書いてみたいと思います。


【お知らせ】
随時、星読みのお仕事の募集をしております☆
リンク先をお読みいただき、
メールフォームからお問い合わせくださいませ。
星読み募集について

スポンサーサイト
占星術プチ講座 | コメント:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。