月のヒトリゴト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【本物】の定義

土星のリターン記事がすこぶる進みません(!)
さすが、土星ww
遅々としておりますが、気長にお付き合いいただけますと、幸いでございます!(涙

書けない時はほんとに書けないんですが、
思ったよりアウトプットが進む時期なのか、
1日1記事のお陰で鍛えられてきたのか、
書く行為自体に苦労することは、少しずつ少なくなってきました。
それでも、よく頭抱えてますけどもww


そうそう、実は昨日でちょうど、1日1記事を始めてからひと月が経ちました。
ひと月、続けられたのよ(涙
なかなか、地道な努力ができない人なんですけど、
とりあえず、ひと月継続できました。

これも偏に、読んでくださっている方からの励ましのお言葉や、
見に来てくださる方の存在があってこそ、です。
応援してくださったみなさま、本当にありがとうございます!


さて、本日はちと仰々しいタイトルになっておりますw

【本物】

この言葉って、ものすごく漠然としてる気がするのですが、
実際、なにをもって【本物】とするのかって、定義がすごく難しい気がします。

薔薇と魔法と言魂と~トゥリニセッテ
『本物を見つける力を思い出す事』

よくチェックしております先生のブログです。

さっそく、ちょいと本題から逸れますww

冒頭、少々オカルト臭のする話題ですが、なんとなーくわかる気もするのです。
実際に、先生が意図せず起こした【八つ当たりで済まない事】について、
具体的にどんなことなのかは、もちろん存じ上げません。

ですが、もしかしたら…と、ちょっと思い当たることもありまして。

わたし自身のことではなく、わたしの血縁者を連想させたんです。
命に係わるところまではいきませんが、
出方によっては、もしかしたら命にかかわるようなことを起こしたかも、
と思っていることがありましてw

うちは家系的に少々、霊感の強い血が入っているようでして、
その関係なのかなとも思うんですけどね。
念の強い人間がいるのですが、本人はまったく無意識なんで始末に悪い人がいるんです。
意図的ではないので、どうしようもないし、まず、確証がない。
見えない世界のことなので、どうしても【憶測】でしか言えないんですよ。
だから、なんとも言えないのですが。

でも、もし本当に、念だけで人に危害を加えることができるのであれば、
それはとても怖いことです。

制御できればいいですが、そもそもで、実際本当に念だけで人に危害を加えられるのか、
発動条件はなんなのか、ってことがわからないので、防ぎ方もよくわからないですよね。

わたしはおかげさまで、どれだけ人を恨んでもそういったことは発動しませんでしたが←

でも、世の中には、無意識にでもそういうことができる人もいるかもしれません。
まぁ、だからこそ、呪術や魔術なるものが存在するのかもしれないんですけども。

【思うこと】には、気を付けないといけないなぁ、とちょっと思いました。


閑話休題。


【本物】を見つける力を思い出す。
リンク先のサイトをご覧いただければわかると思いますが、
本物って、万人に当てはまるものと、当てはまらないものがあるんだろうな、と思うんです。
そして、相当数、万人に当てはまらない【本物】が、存在するのだろうなーとも思いました。

日用品から、食品などの普段から使用するものだけでなく、
服やアクセサリー、またはマジックアイテムなど、様々なものに【本物】は存在するのでしょう。
占星術的なイメージで言うところの、【天秤座的な本物】と【牡牛座的な本物】の違いかな、と思います。

二つの星座の共通点は守護星である金星。
おなじ金星に司られた星座で、両者ともに【美】に関する姿勢が、引き合いに出されます。

天秤座の好むうつくしさは、全体性の美。
周囲との調和やバランスの美しさ、いわば【黄金律】のような美を好みます。

牡牛座の好むうつくしさは、個性の美。
周囲に調和しようがしまいが、うつくしいものはうつくしい。
その、個々のうつくしさにクローズアップする星座です。

【本物】とは、天秤座的な概念と、牡牛座的な概念とあるのではないか、と感じたのです。

今回、マーヤ先生がおっしゃる【本物】とは、牡牛座的な概念かなと思うのですが、
これは確かにそうだな、と思います。
100人中99人がいいといっても、自分がいいと思わなければいいものではない。
そういう視点でモノゴトを決めてもいいと思うんです。

確かに、万人に共通する【本物】もあることはあります。
でも、すべてがそうじゃない。

信頼している友達にとって、本物だったとしても、
自分にとっておなじように本物だと感じられるかどうかは、また別だと思います。

天秤座的な視点での価値観と、牡牛座的な視点での価値観。
両方を上手に使い分けることが、大切なのかなぁと思いました。
スポンサーサイト
ヒトリゴト | コメント:0 |

おかえり!【亮ちゃんイエロー!】

ということで(?)、お気に入りだった虹色の花さん作の【亮ちゃんブレス】は、
劣化による不具合が発生したため、虹色の花さんにお直しのお願いをしておりました。

…のが。

リメイクされて、素敵になってかえってきたよぉぉぉ!!

虹色の花さんの制作日記はこちら↓
亮ちゃんブレスとはなんぞ?、についても、こちらをご覧くださいww↓↓↓

プレゼント作品【亮ちゃんイエローver.2】(by虹色の花さん)
【亮ちゃんイエローver.2】


私は、前髪あげてる錦戸さんは、あまり好きではないんです。(いきなり
あの人は、前髪アリのふわふわショートが一番似合うと思うの!
だから、ちょんまげ姿が最初、嫌だったのですww
ドラマが決まった時も、そりゃ嬉しかったんですけど、
でも、ちょんまげって聞いて、ちょっとだけがっくりしました…

でも、サムライ先生も始まってみたら、思ったより面白くて、
眠い目をこすりながら毎週欠かさず、リアタイで視聴しております。
金曜の夜っていうのがナイスですね。

あ、あと、個人的にあざ(神木くん)が好きです。
かなりいい味出してますよね。
ダブル主演なんじゃないの、とか思ってます←


虹色の花さんからのメールで教えてもらったのですが、ハートマークのモチーフ!
見た瞬間、脳内でぺーた先輩が『とみこぉぉぉぉ!』と叫んでおりました←

や、これすごくかわいいんですよ、ほんと。
さりげない感じがまたいいんですわ。

さすがにわたしもいい年なんで、あからさまにラブリーなものを持つのはこっ恥ずかしいし、
イタイ人になってしまうのでアレですが、このブレスのさりげないハートマークは、
大人女子にはいいと思います!


お花ちゃんからは、手首につける時に思い切り引っ張っても大丈夫だよ、と教えて貰ってはいるのですが、
なにが怖いって、引っ張った時にワイヤー部分が変形しないかどうかが怖くてですね。
や、もちろんひっぱるのはゴムの部分なんですけど、
でも、やっぱりワイヤー部分もどっかに当たったりはするじゃないですか。
それで、変な風に曲がったりするのが怖くて、なかなかつけ外しに緊張します。

でも、たぶん、大丈夫。
だと思う。


11/27に6話が放送されまして、その中で、周囲の反対を押し切って、
ペーた先輩は戦いに行っちゃうんですね。(おもいきりざっくりな説明ww
無二の友である、あざ(坂本竜馬)からは無鉄砲さを叱られ、怒鳴られても、
結局彼は、自分を曲げることなく行ってしまうんです。

わたしは、どちらかというと、あざの方に感情移入してしまったので、
ぺーた先輩の身勝手さに、ちょっとイラッとはしたんですが、
そういうバカみたいなまっすぐさや、人情の厚さが、
このハートに表されているような気がしました。

亮ちゃんは、ぺーた先輩とは反対の性格してますけど、
でも、情の厚さは意外と負けていないかもしれません。
特に、メンバーに対しては。

好きな人には、とてもまっすぐな愛情を抱くのよね、亮ちゃん。
まっすぐすぎて、メンバーからちょっとめんどくさがられる時あるけどww


実はここ最近、へーせーじゃんぷに浮気をしておったのですけども(ww)、
このブレスの帰還と共に、またエイトに押し戻されたようですww
侍唄のジャケ写(通常盤)もヒトメボレしましてねー。
かっこいいです。

関ジャニ∞公式サイト

あの亮ちゃん、かっこいいんだもん[m:61]
見返り美人っていうの?(亮ちゃんは美人ではないけどw


このゴムブレスはまだ試作段階だそうですが、でも、そろそろいいのでは??
レギュラー作品として、お店に並ぶ日も近いと思います!

来月から始まる、関ジャニ∞のライブツアーにも参戦予定ですが、
もちろん、このブレスをしていきますよぉぉぉっ♪


お花ちゃん、いつも素敵な作品をありがとう!
これからも、制作がんばってください!!


虹色の花さんは、ブレス以外にも、たくさんの素敵な作品を作られています。
どれも眼福もの!!
気になった方はGO↓

Blue Whale
虹色の花-ANNEX-
ヒトリゴト | コメント:0 |

土星のリターンについて(その2)

さて、前回の続きです。

土星のリターンについて(その1)

土星回帰というのは、ある種の通過儀礼のようなもの、と
捉えていただけばいいと思うのですが、
最初の(29歳前後の)回帰については、下積み時代を終え、
実際に社会で通用する年齢になったことを、知らせるものです。
ただし、前回の記事で書きました、土星の意味を考えてもわかるように、
決して【やさしいお知らせ】ではありません。

また、【自分】が社会で通用する、と言うのは、
エゴを抑えつつも、個性をきちんと発揮できている状態、とも言えるのではないか、
と思いますが、土星回帰では、それまでの自分が自分をどう育ててきたか、
またそれが、社会で通用するのかを、土星が審査にかけてくるのではないかと思います。
いわば、卒業試験的なもの、と言えるのではないか、と。


土星は、社会や現実の星ではありますが、個人を飲み込むものではなく、
【個人⇔社会】という、非常に密接な相互関係を表します。
土星は、個人の内面活動を表しはしませんが、【内面活動に外から影響を与える星】です。
火星までで表される素質が、社会と言う大きな組織のなかで、
上手に適応できるよう、指導するのが土星の役割です。

また、逆に、社会に向けて自分を表現し、自己を実現させるためには、
時に、社会そのものと戦わなければいけない時もある、ということも、
土星は、教えてくれるのだろうと思います。


社会に出るまでは割と、ごく身近な人間関係のなかで生きていますから、
多少、我を強く出したとしても、許されることはたくさんあったと思います。
しかし、社会に出て、赤の他人だらけの場所で生きていくとなると、
それまでの人間関係で許されてきたことが、
まったく通用しなくなることは、社会に出た人ならわかると思います。
時に、非常に傷つき、心が折れてしまう方もいるでしょう。

しかし、人はどう抗っても、社会の中でしか生きられません。
その、個人的な甘えが許されない舞台でも、
しっかりと生きていけるよう教育するのが、土星の役目なのです。
と、同時に、通すべき自分の信念を曲げないでいられる精神力も、土星は育ててくれるのです。


ということで、土星のリターンで、私たちが向き合わされるのは、
火星までの過程で育てた自分を、色んな意味で、現実社会に通用させられるか、ということですが、
キーとなるのはやはり、火星までの自分がどれだけ育っているか、だと思うのです。

要は、自分はどんな人間で、この先どんな自分になりたいか、ということを
(ある程度)把握できているかどうか、ではないかと思うのです。
そして、なりたい自分になるために、どうしたらいいのかを考え、
場合のよってはそれを成すために、今までの自分の生き方をひっくり返すような
決断をしなければいけない人もいると思います。
これは相当に辛いでしょう。

KAT-TUNの田口さんの場合も、
おそらく、そういった苦悩の果てのご決断だったのだと思います。
今まで必死に頑張って確立してきたものを、自分の望みを叶えるために、
手放す覚悟をされたのでしょう。
いつも見せていた朗らかな笑顔の裏で、我々の想像を超える葛藤を抱え、
どれほどの時間を悩んでいたのかと思うと、
土星のリターン時の決断、というのは、時に激しい苦痛を伴い、また、
その後の人生を大きく左右する、重要なものであるなぁ、としみじみ感じました。


土星は、個と社会という、時にぶつかり合う要素でもあるこの両者の間で、
どうやったら互いに成り立つ関係でいられるのか、を調整するような役割があります。
そう考えると、イメージ的には、ブレーキよりも、摩擦係数の方が近いのかなぁ。
我々の出生図中の土星は、それをいかに少なくできるか、を実地で教えようとしている、
OJTリーダーのなのかもしれません。

なににしても、土星絡みで起こること、というのは、
一筋縄ではいかない、非常に意味深いものであることは、間違いありません。


さて、その土星のリターンについて、まだもう少しだけ書きたいのですが、
それは次回に持ち越したいと思います。
まとめるのが下手でごめんなさいねぇぇえええええ。
占星術プチ講座 | コメント:0 |

ご感想をいただきました。

土星のリターンについてお送りしている途中ですが、ここでニュースです(違


今年の夏ごろに、mixiページにて出生図拝見のご依頼をいただいた方で、
出生図の感想結果はお渡し済みで、ご質問待ちだったのですが、
先日、ご質問をいただいたので、回答いたしましたところ、
当初の解釈も含めてご感想を、mixi日記で書いてくださいました。
しかも、全体公開だけでなく、みんなの日記という、mixiユーザーじゃなくても
ネットにオープンされる範囲設定にまでしてくださっての、お披露目です!

ありがたや~(拝

こちらでございます!
じゃじゃん!

Kさんのmixi日記。
月子さんの星読み鑑定☆恐るべし星読み!!!

恐るべし、と書かれてますが、全然怖くないですよww


以前、別の方からいただいたご感想の時にも、ちらっと書いたのですが、
占いの性質上、いただくご感想を公開することに、わたし自身、すごく抵抗あるんですよ。
お客様によっては、公開されたくない方もいらっしゃるでしょうし、
なにより、どこまで公開していいのかもわかりません。
確認するにしても、お客様にお手間を取らせることを考えますと、
やはり非常に気が引けるのですね。

なので、いつも嬉しさを独り占め状態なんですが←

でも、こうしてご感想をお客様自らネットで公開してくださる、というのは、
本当に色んな意味でありがたいことだと、しみじみ感じております。
ありがとうございます。


また、現在、メニューが固定化されておりまして、
質問や星座カードなどは標準オプションとして設定されており、
単体のメニューとしての扱いがないため、
ご依頼の当初に、質問の有無を決めていただいているのですが、
半年ほど続けてきたなかで、このスタイルでは困るお客様もいるようだ、
ということに、私自身も気づきまして、質問については、
後から追加可能にした方がいいかもしれない、と思っていた矢先に、
Kさんから同じ提案をいただきました。

今後、質問オプションについては、
追加オーダーでお受けするようにしようかと考えております。


また、Kさんも書いてくださってますが、
通常、雑誌や本などの星占いを見るとき、
多くの方が、太陽星座だけをご覧になっていると思いますが、
もうちょっと踏み込んだ読み方として、太陽星座と月星座、
そしてもうひとつ【ASC】という感受点の星座についても読んでいただくと、
雑誌の占いとはいえど、もう少し精度があがるかと思います。

ただし、【ASC】というのは、
出生時間がわかる方しか出せませんので、ご注意ください。

そして、出生時間がわかる方は、ご自身のホロスコープを、
ハウスありで出していただくと出てきます。
ほとんどのホロスコープ作成サイトで【ASC】という記載があるので、
すぐにわかるかと思います。


Kさん、この度はご感想および、感想の公開についてご快諾いただきまして、
ありがとうございました。
楽しんでいただけましたこと、とても嬉しく思います^^
これからも、よろしくお願いいたします~♪
ご感想 | コメント:0 |

土星のリターンについて(その1)

11/24に放送されました、【ベストアーティスト2015】ご覧になられましたでしょうか?

わたくしめは、もちろん、リアタイで視聴しておりましたですよ、えぇ。
エイトさんがご出演されましたからね♪
(Hey!Say!JUMPにも密かに萌えましたがww)

でも、ショックなこともありました。
KAT-TUNの田口さんの、突然の脱退宣言。
事務所も退所されるということで、これにはさすがにびっくりしました。

11/18に放送された、【ザ・少年倶楽部 プレミアム】を見ていて、
過去の騒動をふと思い出しながら、立て直せてよかったなぁと感じていた矢先だったので、
KAT-TUNファンではないのですが、すごくショックを受けたんですよね…

脱退理由については、一身上の都合とされていましたので、
詳細はわかりませんが、きっとものすごく考えて、悩んでの結論なんだと思います。

そして、TVを観終わったあと、田口さんの年齢をふと思い出し、
(あれ?)と思って出生図を出してみて、気づいたことがありました。

彼は今年30歳になるそうですが、その前の年というのは、
占星術では、例のアレがやってくる時期。
【サターンリターン】です。

そこで、サターンリターンについてツイッターでちらっと、
クォーターリターン、ハーフリターン、スリークォーターリターンと、
節目的には4つあってー、とつぶやいたところ、
【サターンリターンってなに?】と聞かれましたので、自分なりの考察を書いてみようと思います。


まずは、そもそも土星とはなんぞや、からですが、
土星は、木星と並んで【ソーシャルプラネット】と呼ばれている通り、
社会性に関する惑星で、個人的な内面活動を表す惑星ではありません。
意味合いとしては、木星と土星は、性質がほぼ反対で、
木星は【拡大、発展、膨張、繁栄】、土星は【抑圧、忍耐、努力、制限】などです。
ただ、このふたつの惑星は、最終的にはどちらも、
【人間としての成長】をもたらすものであります。

土星の役割というのは、エゴを抑えることで社会に適用できるように、という
訓練の意味もあるようですが、これが働きすぎると、抑圧となって個性がうまく発揮しにくくなります。
土星に【試練】という意味が付与されているのは、
そういう、社会性と個性とのすり合わせを、余儀なくされる部分があるからだと思います。


ちょっとここから先が長くなりますので、いったんここで小休止。
変なところで切って、ごめんなさいねw
占星術プチ講座 | コメント:0 |

才能って?

メモ書きみたいなものですが。

以前にインチャ関係の記事の中で、
【創造性】というキーワードが出てきたことを書きました。

インチャからのメッセージ

その中で、占星術の方で、なにか見つけられないかなーと思って
自分のホロスコープを出してみたら、マイナーアスペクトである
【キンタイル(クインタイル)】というアスペクトが見つかって…、という
流れになり、あれからちまちまと調べてはいるんですけどね。


ちょっと古い記事で、しかもちょっとスピ的な内容が織り交ざっているので、
個人的にはあんまり載せたくないかなぁ、というのが正味なところですw
いえ、スピが嫌いとかいうわけでもないのですがね…

☆星祭り→041029・ペンタゴンのハーモニック・コンコーダンス考察☆


↑サイトの半分あたりから、キンタイルについての記述が見受けられます。

専門用語もあるため、読みにくいかもしれませんが、
要点だけ抜粋します。

クインタイルの示すものは、人間が天から与えられた才能であり、人間は、本来、
その才能を自覚して、生かしていくことを生業としなくてはならない。クインタイルが
示すところの才能を、なかなか生かすことができない時には、より強い意志力と自己
鍛錬が必要である、ということなのでしょう。尚、水星が出てくるのは、水星が、自己の
知識力や思考癖、職業的資質を示す、とされていることに関連していると思われます。



【才能】という、これまた意味の難しい言葉が出てきました。
まず、才能と言う言葉をデジタル辞書で引いてみますと、こんな風に書かれています。

【才能】
物事を巧みになしうる生まれつきの能力。才知の働き。
コトバンクより)

また、それぞれ個別の漢字の意味を調べてみます。

【才】
1 《古くは「ざい」とも》
㋐生まれつきもっている知能の働き。才能。才知。才気。「―におぼれる」「―に走る」
㋑学問。学。才識。ざえ。
コトバンクより一部抜粋)

【能】
1 ある物事をなしとげる力。はたらき。能力。「人を動かす―にたける」
2 ききめ。効能。「薬の―書き」
3 技能。また、誇ったり取り立てていったりするのにふさわしい事柄。「机に向かうだけが―ではない」
コトバンクより一部抜粋)


ということで【才能】とは、生まれ持っている知能の働きや、
物事を成し遂げる力、と言えそうです。
ですので、【才能】というのは、特別な誰かに備わっているもの、ではなく、
誰もが生まれついて持っている【知能の働き】や【物事を成し遂げる力】なんでしょうね。

キンタイルについては、その分野や方向性を示しているだけではないか、と
勝手に思いました。

よく、『わたしには才能なんてない』という言葉を聞きますが(わたしもいいますがw)、
それは違っていて、才能がない人なんていないんですよ。
ただ、自分の才能の、表現の仕方がわからなかったり、
どう使っていいかがわからなかったりするだけ、なんじゃないでしょうか。

最近は特に、オリジナリティとか流行とか、そういう言葉が氾濫していて、
なにか奇抜なことや、人がやっていないことをやらないと
誰にも注目されないように感じている人が、多いのかもしれません。

でも、たぶん、完全オリジナルっておそらく限界値に来てると思うんですよ。
多くの分野で。
あとはもう、既存のものをどう使うか、だと思うんですよね。

わたしのしていることも、もうどれくらいの人が同じことをしているかわかりません。
それこそ、先達なんて本当に星の数ほどいらっしゃいますし。
占星術ブログなんぞも玉石混交で、検索かければいくらでも出てきます。
もちろん、自分のしていることも玉か石かは正直、わかりませんww

でも、やっていかないことには、なににも【成らない】んだろうなぁ、と思ったので、
とにかく発信していこう、と思って、1日1記事を続けております。

関ジャニ∞の渋谷くんのおかーさまである、妙子さんも
渋谷くんによく仰ってたそうですが、
【継続は力なり】というのは、本当にそうなんだと思います。
みんな、【才能】は持ってますから!
あとはもう、やるだけです。
やるしかないんです!

というわけで、連休明けの朝イチ、メモ書きという割には
最後、熱く語ってみました。
今週もがんばりましょ~。
ヒトリゴト | コメント:0 |

占い結果についての、ヒトリゴト

珍しく本日、2本目の記事です。

先ほど、石井ゆかりさんの、来週分の週報更新のアナウンスがTLに流れてきたんですけどね。



ここひと月くらい、この週報が当たらないなーと感じておりまして。
もっと正確に言えば、本質的な部分には思い当たるけど、
ゆかりさんの表現では、当てはまらないなぁと感じています。
や、だからといって、クレームが言いたいのではなく、
(自分の足で自分の人生を歩いている証拠だなぁ)、と思っておりましたんですの。

占いを受ける側、というのは、提示された占い結果を外してなんぼだと思っています。
占い師が提示する【結果】通りに生きている、つまりは、【結果が当たっている】というのは、
乱暴な言い方をすると、その占い師のフィルター内で生きている、
と言えるのではないか、と思うんです。

わたしは太陽も月も活動宮で、ホロスコープの東側(左側)に星が偏っているので、
余計にそう感じるのかもしれませんが、誰かに言い当てられるだけの人生はつまらない、と思うんです。
【想定内】ということですから、なんとなく悔しい、という気持ちの方が、
より正確な表現かもしれませんww

もちろん、ある程度当たっていないことには参考にすらなりませんから、
程度問題ではあるんですけどね。

ただ、外れているからといって、外れている部分が参考にならないか、というと
そういうわけではなく、占い師という【他者視点から見たもの】が見えているわけです。

自分の足で自分の人生を歩いている時、というのは、
逆に言えば、自分視点からでは見えていない部分がある、とも言えると思うのです。
その、見えていないものが、外れた(と自分が感じている)結果に出ているとしたら、
それは、非常に貴重な意見になるのではないでしょうか。


とはいえ、占いをどう活用するかは、人によって価値基準が異なりますから、
基本的には、受け取った方の自由に扱っていただければいいのでは、と思います。
ただ、捉え方のひとつとして、そんな風に考えてみてもいいのかもー、と思いながら、
つらつらと書いてみました。

あくまでも、ご参考までに。
ヒトリゴト | コメント:0 |

コトダマ

タイトルがあやしいですかねw

コトダマ。
言霊って書くアレです。
言葉に宿る霊力、みたいなやつですね。

口癖ってあると思うんですが、無意識に言ってることがほとんどだと思うんです。

わたしはどちらかというと、ネガティブな性格をしてるとは思うんですが、
でも、基本的にポジティブすぎるのも、ネガティブすぎるのも、
言葉としてはあまり好きではないです。
同じように、スピリチュアルすぎるのも、リアルすぎるのも、あんまり好きじゃないし、
感情的すぎるのも、理論的すぎるのも、同様に。

でも、自分自身はどうかといえば、とてもじゃないですが、
真ん中で上手にバランスできる人ではなく、常に揺れ動いています。
それも、漣ような、ゆらゆらとした揺れ方ではなく、
端から端までを大きく行き来するような、激しい揺れ方をします。

わたしは、蟹座生まれですが、月は天秤座で、その月に冥王星が合しております。
そのせいもあってか、非常に感情の振り幅が大きく、精神的な消耗が激しいです。
自分の手にもあまる感情のうねりを、なんとかやり過ごすには、
外界を遮断して、じっとうずくまって耐える以外の手段を、わたしはまだ知りません。

なので、できれば、その厄介な感情を動かしたくないんです。
裏を返せば、感受性が豊かである、と言えなくもないのでしょうけど、
でも、大きく荒れる感情のコントロールが利かず、
大事にしていたはずのものを、自分で壊しては、
この手から放してしまったことも、何度もあります。
そのたびに、救いようのない真性のバカだと思うのですが、
それでも、そんな自分を止めることが出来ずにいました。

どうにもできない自分が、心底、どうしようもないダメ人間のように思えました。


そうして、いつからか、枕詞のように【めんどくさい】と言うようになりました。
や、元々めんどくさがりではあるんです。

だけど、自己防衛から、意図的にそんな風に言うことで、
極力、自分の精神衛生を保つようになったのも、否めません。
そうして、ある種の【諦め】を持つことで、自分自身、身軽になっていった部分もあります。

でも、【めんどくさい】という言葉は、決して良い意味を持ってはいません。
【めんどくさい】という言葉は、わたしの荒れる感情を、荒れる前に、
できるだけセーブしてくれる役目をしてくれましたが、
でもそれは、鎮痛剤のようなもので、初期症状であれば、
いっとき誤魔化せるくらいのものなんだろうと思うんです。
いわゆる、対症療法のようなものなんだ、と。

なんにせよ、本当に落ち込んだときには、【めんどくさい】の効力は発揮されません。
むしろ、この【めんどくさい】は、感情を抑えてしまった分、
逆効果になってしまうこともありました。

わたしはどこまでいっても、やはり感情的な人間であって、
それを、【めんどくさい】といつまでも諦め、逃げ続けているのは、
本来の性(サガ)には合わないんだろうなー、と思ったんです。

普段、なにげなしに使っている言葉にも、やはり言霊は存在していて、
それは反復することで、その霊力は強くなっていくようです。

ひととき、自分の中のなにかをクリアするために、あえてネガティブな言葉を使用して、
けん制するなり、制御するなり、鎮静させるなり、というのはアリだと思うのですが、
やはり、どこかで、自分の本質にしっかり向き合わなければいけない時が来るのだと思います。

わたしも、昔に比べれば随分とセルフコントロールができるようにはなりました。
もちろん、人間としての生を生きている以上、未熟な部分があるのは承知していますが、
それでも、そろそろ、この【めんどくさい】という呪いから、
自分を解放せねばならんのだろうなー、と、ふっと思ったんです。


かなり長いこと、くすぶっていた違和感があったのですが、
たぶんこの【めんどくさい】だったのだろうな、と思います。


まだまだ、感情的には不安定ではあるのですが、
この大荒れな心が感じているものと、ちゃんと向き合っていきたいなーと思います。

それこそ、めんどくさがらずにねww
【めんどくさい】、ばいばい!
ヒトリゴト | コメント:0 |

インチャからのメッセージ

先日出てきたインナーチャイルドならぬ、インナーアニマルですがw
出てきて3日、4日ほど大暴れして、ちょっとすっきりしたのか、
単に疲れただけなのかは定かではありませんが、ずいぶんと大人しくなってきました。

散々っぱら人にがぶがぶ噛みついては、
怒りのままに、勝手放題、部屋で暴れまわっていた、ちいさな大魔神さまは、
怒りがある程度納まったのか、お腹空いたよー、と何食わぬかわいらしい顔で、
人にご飯を請求しに来ては、お腹がいっぱいになると、
人にくっついて眠っております。←

暴れまわってた時は、ご飯も蹴散らしたクセに…

なんか、姿がもっと違うカタチしてたら絶対、
お外にポイしてたと思うんですが、
うまく人の弱みに(?)付け込んだ姿をしているため、
性根が大魔神だろうと、超大型台風だろうと、許せちゃいますね←


さて、そんなインチャについてですが、
こんなものを見つけました。
インナーチャイルドカード

いわゆるタロットやオラクル系のカードのようですね。
で、なにか参考になるサイトはないかなーと検索したところ、
やはり、こういう類のものはありますねぇ。

ワンオラクルでカードが引けます。
オフィスURITHUM~うりとむ~

インナーチャイルドカードについて、各カードの解説を載せていらっしゃいます。
みさきのゑHAPPYになるブログ


そして、試しにインチャへ向けて【わたしに言いたいことは?】と引いたカードがコレ↓
インナーチャイルドカード クリスタル5 Five of Crystals


とりあえず、解説を拝読して、立ち止まった言葉がありました。

【創造性】

これはどうも、ここ最近の自分のキーワードになっているようなんですけど、
自分ではうまく落とし込めずにいる言葉でもあります。


ここからちょっと、占星術の話を織り交ぜてきますが、
この【5】という数字と【創造性】との関連については、
占星術でも見受けられまして、ハウスでは5ハウス、
また、アスペクトではキンタイル(72度・5分割)がそれに相応するんですね。

そもそもで、数字の【5】そのものに、そういった意味合いがあるようなので、
当たり前といえば、当たり前なのでしょうけど。

5ハウスは【恋愛、子供、趣味・遊び、投機・投資、ギャンブル、創造、演技】などを管轄しています。
また、キンタイル(クインタイル)というアスペクトについては、
【水星に似た意味を持ち、創造性やアイデア、教育、精神への援助】などの意味がある、と
言われています。

創造っていう言葉があまりにも壮大に感じて、どういう解釈をしたら、
自分のなかにしっくりハマるのかが全然見えなくて、いつも戸惑うんですよね。

わたしの5ハウスには海王星がいます。
いくつか解釈はできますが、恋愛に夢見るタイプなのは否定はしません←
恋愛は、わたあめのように甘い、非日常のモノですね(若い時はw


で(笑)

自分の出生図でキンタイルってどうだったかなーと思ってみてみると…
………持ってましたわww
オーブ1度で2つ。
オーブを広く取れば(2度)3つ。

キンタイルというアスペクトはマイナーアスペクト(第三種)で、
わたしは基本的には取っていません。

ただ、深く掘り下げていくに当たっては、非常に重要な要素ではあるようです。
まぁ、整数割のアスペクトですからね。

色んなサイトを見てるんですけど、さすがに第三種だと、
ちゃんとした解釈を載せてる人が少ないなー、と感じます。

なんか、インチャの話からかなり脱線したように思いますけど、
でもたぶん、関係してることだとは思うので、調べてこようと思います。
…時間かかるかなぁ。(めんどくさい虫がザワザワ
ヒトリゴト | コメント:0 |

黄道12星座は、対岸星座同士を【極】と呼ぶこともあります。
【極】を結ぶのは【軸】です。

なにを読んでそういう理解をしたのか、ちょっともう覚えていなくて、
でも、なるほどーと思って、そこから膨らませたんだと思いますが、
ひとつの単語で表すなら、たぶん、こんな感じかと↓

牡羊座と天秤座の軸は【意識】、牡牛座と蠍座の軸は【所有】
双子座と射手座の軸は【知能】、蟹座と山羊座の軸は【守備】
獅子座と水瓶座の軸は【意志】、乙女座と魚座の軸は【養育】

極同士は、この軸を中心にして、
傾向が内向きか外向きか、なんではないかと思うんです。

対岸星座は2区分(男女)と3区分(行動様式)が同じになり、
エレメントだけが違う関係になります。
また、そのエレメントも互いを助長、もしくは補助するような組み合わせです。
相性占いではあまりよろしくないように言われるんですが、
根本的に親和性は高いんですよ、極同士って。

牡羊座~乙女座までが内向きの傾向、
天秤座~魚座までが外向きの傾向にあると思います。

例えばですが、

牡羊座は、自分自身が世界とイコールになっていて、
天秤座は、他者ありきの世界に生きている。

牡牛座は、自分が確かめたものしか認めないけど、
蠍座は、未知のものを知ろうとする。

双子座は、身の回りへの関心が高いけど、
射手座は、大きな世界や、非日常の世界への興味が強い。

蟹座は、自分の感情を守るので精一杯だけど、
山羊座は、自分を守るために、外を知ろうとする。

獅子座は、自分がどういう人間かを知ってほしくて表現するけど、
水瓶座は、他者を認める為に世界を変えようと働きかける。

乙女座は、自分が心地よくいるために環境を整えるけど、
魚座は、周囲が居心地良く過ごしてくれると安心するから、
自分が相手を受け入れる環境になる。


あくまでも、ひとつの捉え方ではありますが、
ただ、極の星座は決して、
自分とはまったく正反対の性質である、ということではなく、
エネルギーの持つベクトルが真逆である、と思っています。
占星術プチ講座 | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。